借りたお金を返せずお困りの方へ債務整理の勧めです

銀行や消費者金融からお金を借りて、どうしても返済が不可能な場合は、債務整理を検討してみてください。
一口に債務整理といっても様々で、任意整理、特定調停、個人再生、そして自己破産といったものがあります。


まず任意整理は、それまでの債務を計算し直し、圧縮してから分割払いで返済するものです。

定収入があったり、売るべき家財道具があるような人はこの方法がいいでしょう。

もちろん支払いは一定の期間内に行われなければなりません。

債務整理の有益な情報のご紹介です。

それから特定調停ですが、自分で簡易裁判所で債権者と交渉して、返済金額を決めるもので、特定の期日に裁判所に赴く必要がありますが、経費は債務整理の中で一番安く抑えられます。個人再生は、一部のローン、たとえば住宅ローンを残して、それ以外のローンや債務を清算するもので、家を手放したくない人にはこれがいいでしょう。


ただし、債務の総額や収入形態に制約があります。そして最後の自己破産、これは債務をすべて帳消しにしてもらうものです。
破産宣告をしたのちの免責決定で正式に破産が決まります。

収入はあるけど額が少ない、売るべき家財道具がない人にお勧めの方法です。それぞれの債務整理には一長一短があります。いずれも、整理の後しばらくは、ローンが組めなくなる、あるいはクレジットカードが作れなくなるという点では共通していますが、個人再生や自己破産はその旨が官報に記載されます。

ただし、自分から言い出さない限りはまずわかりません。
それから、特定調停以外はそれなりに経費が掛かりますので、弁護士や司法書士とよく相談してください。

お金がない場合は、法テラスに頼んで立て替えてもらうこともできますが、その後分割での返済が必要です。

いずれの場合も、あなたの今後の人生設計や収入、債務の状況を踏まえたうえで、自分に最もふさわしい債務整理をするのが望ましいでしょう。



top